開催概要

毎年京都大学では、物理学と宇宙物理学についての市民講座「物理と宇宙」を開催しています。京都大学の研究者が最新の研究成果を発信し、その最先端を分かりやすく説明する講座です。(過去の市民講座の動画はこちら

2020 年度も 9 月に開催を予定していましたが、新型コロナウィルス感染拡大の影響を考慮し、今年度の開催は中止させていただきました。その代わりに、今年度は Zoom を用いたオンライン市民講座を開催いたします。

オンライン市民講座「物理と宇宙」 第2回

・日時:2020 年 6 月 5 日(金)19:00-21:00
・会場:Web 会議サービス「Zoom」
・講師:細川隆史(京都大学 大学院理学研究科 准教授)
・講演タイトル:「宇宙最初の天体は何か」
・ファシリテーター:佐々木貴教(京都大学 大学院理学研究科 助教)

・参加費:無料(途中参加・退出 OK)
・定員:300 名(先着順)
・申し込み期限:2020 年 6 月 4日(木)24:00

イベント参加申し込み

講演内容

講師:細川隆史(京都大学 大学院理学研究科 准教授)

「宇宙最初の天体は何か」
 宇宙には始まりがある、という描像は今や広く受け入れられていますが、いくつもの不思議な謎を投げかけてきます。夜空に輝く無数の星々も、宇宙が誕生してから、徐々に今我々が目にする姿に進化してきました。こう考えると、必ず宇宙最初の天体、というのを避けて通ることができません。そうした最初の天体が、いつ、どこで、どうやって誕生したのか? 現代の物理学の知見を結集し、このまだ見ぬ未知の天体の姿に迫る研究の最前線について紹介します。

お申し込み

お申し込みフロー

申し込み:申し込みフォーム(google フォーム)からお申し込みください。

メール:講演会当日に、登録メールアドレス宛に参加するための URL が届きます。

準備:Zoomのアカウント準備、アプリ等のインストールをお願いします。

参加:開始時間になりましたら、メール記載の URL にアクセスしてご参加ください。

次回予告

次回のオンライン市民講座「物理と宇宙」は、以下のとおりの開催を予定しています。

・日時:2020 年 6 月 中旬(予定)
・会場:Web 会議サービス「Zoom」
・参加費:無料(途中参加・退出 OK)

・講師:TBD
・タイトル:TBD