【プレスリリース】生命が居住可能な系外惑星へのスーパーフレアの影響

京大を中心とした系外惑星・恒星フレアグループで議論を続けてきた、スーパーフレアの惑星ハビタビリティへの影響に関する論文が ApJ に掲載されることになったので、そのプレスリリースを行いました。

M 型星周りのハビタブル惑星のように惑星が中心星に近い場合でも、惑星が十分な量の大気を保持している場合はフレアの影響を防ぐことができるが、フレアは大気散逸にも効くので、それを考慮すると十分な大気を保持することが難しく、結果的にフレアの影響は致命的となってしまう、という論文です。

詳細は arXiv にアップした論文をご覧ください。
https://arxiv.org/abs/1906.06797

以下、掲載されたメディア一覧です。

京大ホームページ
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2019/190716_1.html

国立天文台ホームページ
https://www.nao.ac.jp/news/science/2019/20190716-kyoto.html

日本原子力研究開発機構ホームページ
https://www.jaea.go.jp/02/press2019/p19071601/

NHK関西
https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20190716/2000017651.html

NHK京都
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kyoto/20190716/2010003939.html

日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47419610X10C19A7CR0000/

京都新聞
https://www.kyoto-np.co.jp/environment/article/20190716000155

SORAE記事
https://sorae.info/030201/2019_7_16_m.html

共同記事
https://this.kiji.is/523797520232121441

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA