佐々木貴教

京都大学 大学院理学研究科 宇宙物理学教室 助教

「地球はいかにして生命を宿す惑星になったのか?」
「地球以外にも生命を宿す惑星は存在するのか?」

こうした究極的な問いに答えるため、惑星科学という手法を用いて、惑星と生命の起源と進化について研究を行っています。遙か宇宙の彼方に浮かぶ「第二の地球」たち、そしてそこに生きる「生命」たちにについて、一緒に考えていきましょう。

You can see the site in English

最近のつぶやき


最近の主要論文

・Yuya Ishizawa, Takanori Sasaki & Natsuki Hosono, Can the Uranian Satellites Form from a Debris Disk Generated by a Giant Impact?, ApJ, 885, 132(10pp) (2019). [pdf]

 

・Yuhito Shibaike, Chris W. Ormel, Shigeru Ida, Satoshi Okuzumi & Takanori Sasaki, The Galilean Satellites Formed Slowly from Pebbles, ApJ, 885, 79(19pp) (2019). [pdf]

 

・Akihiro Yamanaka & Takanori Sasaki, Orbital Evolution of a Circumbinary Planet in a Gaseous Disk, EPS, 71, 82 (2019) [pdf]

 

・Yosuke A. Yamashiki, Hiroyuki Maehara, Vladimir Airapetian, Yuta Notsu, Tatsuhiko Sato, Shota Notsu, Ryusuke Kuroki, Keiya Murashima, Hiroaki Sato, Kosuke Namekata, Takanori Sasaki, Thomas B. Scott, Hina Bando, Subaru Nashimoto, Fuka Takagi, Cassandra Ling, Daisaku Nogami & Kazunari Shibata, Impact of Stellar Superflares on Planetary Habitability, ApJ, 881, 114(24pp) (2019) [pdf]

 

Takanori Sasaki & Natsuki Hosono, Particle Number Dependence of The N-Body Simulations of Moon Formation, ApJ, 856, 175(14pp) (2018) [pdf]

今学期の担当授業

宇宙科学入門(オムニバス講義)
時限:水曜 14:45-18:00
場所:吉田南4号館4共21

理論宇宙物理学ゼミナール
時限:火曜 13:30-15:00
場所:理学部4号館504号室

物理科学課題研究 S5
時限:火曜 15:00-16:30
場所:理学部4号館504号室