惑星の起源と進化に最大の関心を持っています。原始惑星系円盤からどのようにして個々の惑星が形成されたのか、個々の惑星の性質・特徴はいかに生成されたのか、ということについて研究しています。


研究紹介(1):小惑星カリンの近赤外分光観測 (07/05/24)
研究紹介(2):冥王星の近赤外分光観測 (07/05/24)
研究紹介(3):部分平衡化を考慮したHf-W年代測定法 (07/05/24)
研究紹介(4):初期金星大気の流体力学的散逸 (08/07/01)
研究紹介(5):巨大ガス惑星周りの衛星系形成 (12/08/21)

研究日誌
日々の惑星科学ネタ



より詳しい研究内容は、英語版 Sasaki Takanori Online でも公開されています。