NHK カルチャー講義「惑星科学最前線」(第3回)

NHK カルチャー梅田教室にて、3回連続講義「惑星科学最前線 ~太陽系誕生の謎~」の第3回目の講義を行ってきました。そのときの講義資料と参考図書等を載せておきます。




*参考図書*
[tmkm-amazon]4774133671[/tmkm-amazon]
理論屋さんと観測屋さんが、互いの得意分野を出し合って仕上げた一冊。クオリティ高いです。一般向けの書籍なので専門的な難しい内容はなるべくカットして書かれていますが、それでも系外惑星の理論と観測について最先端の話題はほぼ全て網羅されており、一通り勉強するのにはぴったりの本だと思います。天文に詳しくない方は、まずは本書から読んでみましょう。

[tmkm-amazon]4163903224[/tmkm-amazon]
日本におけるハビタブルプラネット研究の開拓者である阿部豊先生(僕の大学院時代の指導教官でもある)による、長年にわたるハビタブル関連研究の集大成。意外にも初めての一般向け書き下ろし本だそうです。最新の話題をわかりやすく学べるだけでなく、研究者がどのように「仮説」を立て、どのように「検証」し、どのように新しい「世界観」を作っていくのか、についても追体験できる貴重な一冊だと思います。

[tmkm-amazon]4140019662[/tmkm-amazon]
1995年に初めて太陽系外惑星が発見されてからはや20年。惑星科学者たちの感動と興奮をみなさんのお手元に。(参照:以前書いた読書日記

[tmkm-amazon]4896916336[/tmkm-amazon]
一般の方には惑星科学の興奮を。研究者の方には問題点の整理を。幅広い読者層を満足させる一冊です。(参照:以前書いた読書日記

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.




CAPTCHA